レディー

おすすめの美白化粧品|美白になりたいなら

美白成分の使用の注意点

容器

刺激が強い点に注意しよう

ビタミンc誘導体が含まれている化粧品が数多く販売されていますが、基本的にビタミンcという成分は酸性のために刺激が強い特徴を持っています。少し程度の刺激であれば使用している間に慣れていくことが考えられますが、たくさん使ってしまうことで刺激が強くなることが原因で、肌に色素沈着を起こしてしまったり、炎症が生じることがあります。色素沈着を起こしてしまうと逆にシミが増えてしまう結果になりますので、自分の肌に適しているかどうか確認した上で使用する必要があります。また、ビタミンcは抗酸化物質ということで、空気に長い時間触れてしまうと酸化が進んでしまい、臭いが生じてきます。そのために化粧品を選ぶときには、ビタミンc臭が強くないものを選ぶことがおすすめです。

今後も幅広く使用される

ビタミンc誘導体は美白効果や抗酸化作用が得られることから、大変人気の高い成分です。そのままのビタミンcの状態であれば壊れやすい性質があるために、化粧品の成分として上手く配合できない点が欠点でしたが、ビタミンc誘導体とすることで化粧品の成分に使用することが可能となっています。現時点においてもビタミンc誘導体の認知度は高いものと考えられますので、今後においても幅広く化粧品の成分として使われていくことが予想されます。ビタミンc誘導体は水溶性と油溶性に分類することが可能で、両方の性質を持っている成分の開発が進んでいます。水溶性と油溶性の両方の性質を持っているビタミンc誘導体であれば、通常時のビタミンcと比較したときに100倍ほどの肌への浸透力があると言われています。